• 事務所のご案内
  • 施工実績紹介
  • よくあるご質問
  • 会社概要
  • 新着情報

遮熱シート工事について

天井裏遮熱で、夏場は涼しく、冬場はポカポカ!

遮熱シート工事の特徴

  • 低コストで、
  • 天井裏に遮熱材を取り付けるだけで、改造工事等は一切必要ありません。そのため施工費が安く、工事も短期間で完了します。また、施工後のメンテナンスも不要です。その効果は半永久的に持続し、改築時には再利用することもできます。
  • 熱の侵入を防ぎ、電力を削減できる
  • 屋根からの熱を95%以上カットできる「遮熱シート」なら、デマンド値(1年を通じて最も高い時期の電力)を下げ、効果的に電力を削減することが可能です。夏場の建物への熱の侵入を防ぎ、電力の基本料金を大幅に下げることができます。
  • 夏場も冬場も、快適な室内環境に
  • 夏場は、太陽からの輻射熱(電磁波)を97%反射!自然環境(木陰など)よりも涼しい"超日陰"を室内につくることができます。また、冬場においては、室外に向けて放射される室内の熱を室内へ戻す働きをするため、室内の暖かい空気を外へ逃がしません。

遮熱シート工事の効果

<建物内を移動する熱の割合>

建物を通過する熱の大半を占める輻射熱を97%カット!

ペンシルバニア州立大学の報告によると、建物を通過する熱の75%は輻射熱であると報告されています。右の図は、その割合を示したグラフです。「下向」とは、屋根から室内に侵入する熱の割合で、断熱材が処理できる伝導熱は全体の5~7%程度しかなく、93%が輻射熱であることがわかります。

下向・上向・横向ともに輻射熱の割合が大きく、この輻射熱をカットしない限り、本当の省エネは実現できません。この輻射熱の97%をカットできるのが、遮熱シートなのです。

輻射熱カットに重要なのは、素材の反射率

輻射熱をカットする方法としては、熱を反射させることが最も有効です。しかし、現在使用されている建材の多くは、反射率が15%以下(下表参照)。反射率が5%程度のレンガでは、95%の熱を吸収・蓄熱・通過してしまうことになります。遮熱シートに使用されている「アルミニウム」は反射率が高く、価格も安いという特長があります。

<素材の反射率>

素材 反射率
レンガ 5~7%
断熱材 5~10%
コンクリート 6~15%
窓ガラス 5~10%
8~10%
白金 93%
真鍮 93%
95%
アルミニウム(遮熱シート) 96~97%
輻射熱カットに重要なのは、素材の反射率

例えば、こんなところで使えます

例えば、こんなところで使えます
  • ■住宅
  • 毎月の電気代を抑えながら、子供や高齢者、ペットにもやさしい室内環境を実現することができます。
  • ■クリーニング店
  • 乾燥炉など、熱が発生する設備を有する建物の遮熱に有効です。
  • ■店舗
  • 天井の結露を防げる遮熱シートなら、大幅な電力削減だけでなく、食品劣化防止にも効果が見込めます。
  • ■プレハブ
  • 天井や壁に施工することで、夏場の室温を8~12℃ほど下げることが可能。冬場も室内の熱を逃しません。
  • ■保冷庫
  • 内部に遮熱工事を施すことで、電力の大幅な削減が期待できます。
  • ■ハウス栽培
  • 電力削減と過乾燥対策を同時に実現。従来の半分の電力で、生産量を25%アップさせた事例があります。
  • ■アパート・マンション
  • 既存の物件に「室内環境が良好で、光熱費も安くなる」というメリットを付加。入居者も即決しやすくなるため、空室対策に最適です。
  • ■幼稚園
  • 熱中症対策などに抜群の効果を発揮。冷暖房費も大幅に削減することができます。
  • ■工場・倉庫
  • 冷暖房効率を上げ、デマンド値を下げることにより、使用量だけでなく基本料金も削減することができるので、大幅な電気料削減ができます。

遮熱シート工事施工実績

新・既 建物構造 屋根構造 建物用塗 天井
又は
屋根高
施工部位と面積 合計
施工面積
効果 備考
屋根下側 天井裏 その他
新築 鉄骨 折半 工場 2.4 200 150 350 エアコン稼動率50%減少
既築 ビニール
ハウス
ビニール 茸栽培 3 2,000 600 2,600 生産性25%UP、電力50%削減
既築 鉄骨 折半 2F事務所 2.4 600 600 夏電力90%削減、年間80%位削減
既築 鉄骨 折半 クリーン
ルーム
8 2,340 2,340 年間電力70%削減
既築 鉄骨 折半 倉庫 8 1,000 1,000 夏場室温10℃低下
新築 鉄骨 RC 1F事務所 2.4 330 170 110 610 エアコン稼働率設計の40%程度
新築 RC RC 事務所 2.4 3,000 2,000 3,000 8,000 エアコン稼働率設計の35%程度
既築 鉄骨 折半 倉庫 6 1,100 1,100 夏場室温11℃低下 二重屋根
新築 木造 住宅 2.4 90 210 80 380 夏場エアコン4日稼動程度
既築 鉄骨 折半 幼稚園 2.4 1,000 1,000 エアコン新設予定を中止

その他の施工実績の紹介はこちら

page_up